Illustratorの注意点

アウトライン化に注意!

盤面・ジャケット印刷ご依頼時、入稿いただきましたデータのテキストにアウトラインがかかっていない場合、不備となり製造工程に進めません。
今回はアウトラインの設定・確認方法・フォント情報が消えない場合のチェック項目についてお話しします。

アウトラインの設定方法

  • レイヤーのロックを解除…レイヤーパレットで鍵がない状態にします。
  • オブジェクトのロック…メニュー「オブジェクト」→「すべてをロック解除」

※ロックがかかったオブジェクトがない場合、選択できません。

「選択」→「すべて」を選択し、すべてのオブジェクトを選択します。
すべての選択を保ったまま「文字」(CS2以降は「書式」)→「アウトライン作成」を選択します。
※アウトライン作成後は、文字の編集ができなくなります。 アウトライン作成前にデータのバックアップをお勧めします。

アウトラインの確認方法

アウトラインが作成されていないフォントが残っていないかの確認をします。メニュー「書式」→「フォント検索」

フォント名が表示されていれば、データにアウトライン作成されずに残っているフォントがあります。フォント名を選択して「検索」をクリックすると、フォントが使用されている場所に移動することができます。必要な文字のフォントが残っていれば、アウトライン作成してください。すべてアウトラインを作成したはずのデータに、フォント情報が残っている場合、次のことが考えられます。

注意孤立点を削除する

テキストツールでクリックして、文字を入力せずに別のツールに切り替えると、「孤立点」と呼ばれるフォント情報が残ってしまいます。プレビューでは何も表示されていないところに不要な点が印刷されるなど、出力時のトラブルの原因となりますので、孤立点は削除してください。「選択」→「オブジェクト」→「余分なポイント」
孤立点をまとめて選択し、削除してください。

注意非表示のフォントをチェック

不要な文字やレイヤーは削除してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です