DVDビデオ形式のコピー(複製)を行うためには オーサリング済のマスターディスクが必要となります

通常ビデオカメラ等で撮影した映像・動画はそのままDVD化しても自宅などのDVDプレーヤー等では再生できません。
プレーヤーで再生できるようにDVD-Video形式に変換しなくてはいけません。 また、その際に文字や画像、音声データを追加したりメニューやチャプターの設定などを行うことができます。
この変換作業を「オーサリング」と言います。オーサリング済のマスターディスクを使用し、DVDコピー(複製)やDVDプレスを行うことで大量のDVDを制作することが可能になります。 お客様の方でマスターディスクをご支給していただく場合はファイナライズ済みDVD-Rのご入稿が必要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です