レイヤーブレーク(ブレークポイント)とは

片面2層のDVDにおいて、1層目と2層目のレイヤーが切り替わる地点をレイヤーブレーク(ブレークポイント)と呼び、オーサリングの際に設定します。映像作品ではレイヤーブレークの地点で再生が一瞬止まることがあるため、シーンの切り替わりで暗転している場面など、仮に止まっても違和感がないタイミングにレイヤーブレークを設定するのが望ましいです。

選んでいただくDVDにも注意して頂きたい点がございます。DVDには-Rと+Rがありブレイクポイントを設定した際-Rに関しては、実際設定したポイントと若干ずれが生じる為意図しない場所で映像が止まってしまう事があります。+Rに関してはそういった事なく指定した場所でブレークポイントを設定できるので+Rで作成する事をお勧めします。

DVDメディアご購入の方はこちら↓

https://www.kyowainet.co.jp/shop/products/list?category_id=3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です