メディアの「民生用」と業務用

業務用は、メディアレコーダーに使用されているドライブの個体差によって生じる書込
み/読み出しのエラーを低減させるため、規格範囲の限界値に調整したメディアドライブで検査し、これに合格したものだけが[業務用]となります。
民生用・業務用ともにメディアの素材や容量に違いはありませんが、業務用の方が記録メディアの相性によるトラブルの発生確率が低いとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です