ダビング10

デジタルデータは無劣化で複製できるため、違法な複製データが流通しないよう、地上デジタル放送では機器間や記憶媒体間の複製や移動を一定のルールに基づいて制限するコピー制御信号(CCI:Copy Control Information)が添付されています。
現在運用されているルールは「ダビング10」と呼ばれるもので、デジタルレコーダーなどにある一次録画からコピー9回とムーブ(別のメディアへの移動)1回が可能となっています。制限回数の上限に達すると、それ以上の複製・移動はできなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です