エンコードとは

データを別の形式に変換すること。符号化ともいいます。通常は、人間が理解できる文字や音声、映像といったアナログ情報をコンピューターが認識できるデジタル情報に変換することを指します。音声や動画データの圧縮、データの暗号化などもエンコードにあたります。動画や音声では、再生に使う機器が対応している形式に変換する作業もエンコードと呼び、これらの変換に使うソフトウェアや機能はエンコーダーといいます。またエンコードされた情報を、人間が見たり、聞いたりできる情報に戻すことをデコードといいます。Webページや電子メールの文字化けは、エンコードとデコードの方式が異なる際に生じます。この場合、Webブラウザーやメールソフトのエンコードの設定で文字コードを変更すれば読めることがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です