CPRM(Content Protection for Recordable Media)とは

CPRMとは、記録用媒体にかけられる、著作権保護技術のひとつです。
地上デジタルテレビ放送を録画する際には、CPRMに対応したレコーダーおよび記録用メディアが必須となります。
TV番組のコンテンツデータにはあらかじめ複製許諾回数の情報が入っており、ディスクには個別の製品番号が、レコーダーにはコンテンツごとの複製履歴がそれぞれ情報として管理・制御されており、 複製許諾回数を超えてコピーをしようとするとストップがかかる仕組みになっています。
CPRM対応製品には「DVD for CPRM」と記載されています。このほかに「DVD for VIDEO」という表記もあり、こちらもCPRM対応になっています。CPRM非対応のDVD-Rには、「DVD for DATA」と記載されています。
CPRMはあくまで、地上デジタル放送やBSデジタル放送の録画用規格となっていますので
デジタル放送を録画するのでなければ、「DVD for DATA」で動画は記録できます。
近年、製造数の増加から非対応のメディアよりも廉価になってきていますが、古い規格のDVDプレイヤーやデッキ、DVDドライブでは、正常に動作しないというデメリットもあります。
複製を制限する性質があるので、コピー元のマスターディスクとしては使用できません。 マスターディスクを作成される場合には、「DVD for DATA」と記載されているCPRM非対応のDVD-R、DVD+R DLのご使用をお願い致します。

メディアのご購入はコチラ↓

https://www.digitalprostore.net/products/list?category_id=9

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です