CD-RやCD-RWへのデータの書き込み方法

ディスクアットワンス 

ディスクアットワンスとは、CD-RやCD-RWへのデータの書き込み方法の一つで、ディスクに一度にまとめてデータを書き込む方式。 記録開始を表すリードイン(lead-in) 、データ本体、記録終了を表すリードアウト(lead-out)の順に書き込む。記録した容量がディスク容量に達していなくても後から追記することはできない。読み込み専用型のCD(CD-DA、CD-ROMなど)と同じ記録形式であるため、オーディオ機器や古いCD-ROMドライブなどでも読み出しが可能という利点がある。

トラックアットワンス

「トラック」(オーディオの場合は曲)単位でデータを記録し、容量に空きがあればトラック単位で何度も追記できる方式。1枚のディスク(シングルセッションの場合)には最大で99個のトラックを作成することができる。トラック間に「リンクブロック」と呼ばれる継ぎ目ができ、データCDでは無視されるため影響はないが、オーディオCDの場合はノイズ音を発することがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です