CD・DVDケースの選び方

プラケース

もっとも一般的に使用されているケースです。薄いポリスチレン製のケースで記録面に傷が付くのを防いでくれます。一般的な音楽CDで使用されているようなものから、薄型のもの、複数枚収納可能なものがあります。価格も安く、カラーバリエーションも豊富で種類ごとに色分けできるなど管理もしやすくなっています。

不織布ケース

不織布で作られたケースです。省スペース性が高く、コストも比較的安いので、配布用や雑誌の付録などによく使用されています。両面が収納になっているものや、ファイルに綴じられるように穴が空いているものなどもあります。簡易的な保護を目的に作られているため、衝撃などには強くありません。

トールケース

ゲームソフトや映画などのDVD版を購入したさいに入っているケースです。もっとも安定性が高く、衝撃、光、熱などにも強いため保管にも持ち運びにも適しています。トールケースは中開きにもディスクを収納できるタイプもあり、複数枚収納できるケースもあります。

ファスナーケース

後述のCD・DVDファイルと同じ目的で作られたもので、複数のメディアをファスナーで閉じられるケースの中に保管できるタイプです。大量のメディアを持ち運びするのに適しています。直接的なメディアの収納部分はビニールや不織布ですが、ケース自体がPPやEVAといった素材を使用していることから、衝撃などに強くなっています。

その他

この他にも、ケースに宛先を書くことでそのまま郵便として出せる郵送メールケースや机の上に重ねておけるスタンドタイプなどがあります。

メディアケース一覧はコチラ↓

https://www.kyowainet.co.jp/shop/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です