トールケースはなぜ縦長のケースなのか?

DVD-VIDEO登場当時CDと同じサイズのジュエルケースでの販売が沢山ありましたが、今ではトールケースで販売される事が一般的です。 なぜトールケースがあの縦型のサイズになったかのでしょうか?
購入者が音楽CDと間違えない様に差別化という点と、サイズをVHSのケースに近いサイズにする事で販売店やビデオレンタル店で特別な棚を用意しなくても綺麗に陳列できる様にこのサイズになったと言われています。(諸説あり)
また、DVDは映像(映画などの)がメインになるため、内容がアピールできるジャケットが必要だったためとも言われています。

通常の厚みのトールケースでは4枚までが一般的ですが、最大10枚まで収納可能なトールケースがございます。
使用用途に応じてお選びいただけますのでお気軽にお問い合わせください。

https://www.digitalprostore.net/products/list?category_id=10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です